• ベビーシッターが家の窓をリフォームするメリットとは

    ベビーシッターが家の窓をリフォームすると生活しやすくなる、地域の話題になる、お客との会話が増えるなどのメリットがあります。

    例えばベビーシッターの家の窓が昔の主流だった、薄くて細い窓ガラスだったとします。

    窓ガラスが薄く、劣化も激しくなっていると想定されるため、強い風が吹くと窓の隙間から入って来るはずです。

    風邪を引く原因となるだけでなく、花粉も入ってきてしまうため、花粉症にもなりかねないです。
    なので、家の窓をリフォームすることにより、健康面の不安が減るので生活しやすくなる効果が期待できます。



    地域に住む人々がベビーシッターの家の近くを通りかかると、古かった窓が新しくなっているので驚く可能性が高いです。

    T-SITE

    その中には直接家を訪れて、話しかけてくる人も出てきます。
    リフォームして綺麗になったね、という言葉をかけられるので悪い気分ではないと思われます。


    他にも窓の話題をきっかけとして、色々な世間話を出来る場合もあるため、お茶を飲みながら会話をすると良いです。
    このように、地域の人々との会話をする話のタネとしてうってつけです。

    ベビーシッターの最新情報をご提供します。

    幼児を預けるために母親がやって来ると、新装した窓に気がつきます。
    そして母親はベビーシッターに、窓が綺麗になりましたねと話しかけてくるので、その時は笑顔で答えると好感を持たれます。また、他の話題にもつなげやすくなるので、仲良くなることができる可能性が高いです。


    そして、意思の疎通につながることから、更なる信頼も得られるため仕事をしやすくなります。